新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!

2010年11月10日

サヨナライツカ…A


激しい恋に燃える沓子と豊。男って赴任先なんかで目の前に美しい魅力的な女性がきたら、まいってしまうのはどの男もあるのではないか。しかもアパートにその女性がやってきて、シャワーを浴びた後だったりしたら。海外の赴任先って気持ちが大きくなってしまうのか。

この映画、男のずるさをよく描いている。自分はひたすら出世街道、一生をかけて愛せると思った女なのに、結局捨てて婚約者のもとへ戻る。


しかしそのお返しは、沓子との燃える恋を25年間忘れられなかったことだろう。そんな状態で果たしていい結婚をしたといえるか。

25年の結果がこの映画は大いにものがたっているではないか。

男って危険性と安全性、両方とりのずるいところがあるからそれをよく物語っている映画だといえる。俺だったら絶対沓子と一緒になる。それが結局は自分に正直であることだし、例えいい結果にならなくても後悔しないと思うよきっと。


 


sayonaraituka-08.jpg
 


二人がバンコクで会ったところは、豊は知っていたのだろうか。いや知っていたならば、婚約者と結婚しなかったかもな。25年後に写真をみてそれがわかったわけだけど、もうその時は月日は戻らず。


沓子は派手な女でなく、実は悲しみをかかえた地味で一途な女だったのだろう多分。そうでなければ25年も豊を思い続けるか。そこのところを豊は見抜けなかったのかなあ残念



俺は赴任先でも何でもいい、女性を愛してしまったら、必ず責任持つね。遊びの女とか一緒にはならない女だとか割り切る必要があったのか。豊は沓子と緒になるべきだったね。

そしたらこの男の人生はバラ色になっていたかもしれない。愛する女といるのだから。冷めた夫婦にはなることはなかっただろう。


25年後の豊には笑みはない。出世もしたし、会社も順調。なぜかもの足りず。

そうだ愛だよ。捨ててもいいものに一生懸命めざしても結局は空しいだけ。結局25年後の豊は社長の座も捨てて中山美穂のところへいったのである。


世の男性の全てにそれはいえること。男のずるさを持っている奴は情けない。男なら出世も大事かもしれないけれど、もっと大事なものがきっとこの世の中にはあるということをわかってほしい。それに早く気がついてほしい。男のエゴで回りの女が苦しむ。かわいそうではないかうるうる


 
sayonaraituka-10.jpg


それから、残念だったのは、25年後の歳とった豊のメイク。あれはないと思う。25年後にしては不自然すぎだ。とても無理がある。もう少し、あのメイクなんとかなったであろう。もっと自然体にできるだろうに。

でも中山美穂の25年後のメイクはよかった。歳とっても、地味になってもやはりそれなりに雰囲気がある。


沓子、豊、石田ゆり子演じる光子をもっと心理的なものに時間をかけて演出してもよかったような・・・。光子の陰湿な部分が原作ではもっと出ているようだが、映画ではそこのところがあまりない。嫉妬心激しい光子の心の中にスポットをあててもよいと思う。

最後はタイに向かって豊をいかせる。そんな光子の心のうちの表現がほしい。石田ゆり子もなかなかいい演技であったのに残念。


sayonaraituka-06.jpg
 

こうなんというか3人の微妙な心理描写をだすと、せっかくの映像ももっと生きてくるのではないかと思うが。

普通でない映画にしてほしかった。

この映画日本人が造って、監督は韓国の名がしれている監督という。撮影場所はタイときているから結構おおがかりに造った映画だ。映像は確かにいい。韓国の監督が多分すごく映像にこだわる人間なんだろう。タイの美しさを存分にだしていて、監督の表現力は芸術的だ。

sayonaraituka-09.jpg
 

とにかく男はずるいね。魅力的な女が目の前にいるとすぐこれだから。でも本当に愛したなればつきとおすべきだ。そして一生その女を大切にすべきだ。

それができないからずるくなるんだよ。私はそうはなりたくないとこの歳ながらあらためて思ってしまった。豊はもっと情熱的に生きるべきだったんだよね。

この映画の中の25年は何を物語っていたのでしょうか。


リバーサイドのホテルを調べていくうちにこの映画をみることになって、そしてついつい語ってしまった。映画評論となるといつものごとく長くなってしまう。

「サヨナライツカ」 バンコクの美しい映像が見れてじっくり鑑賞できる映画である。中山美穂もかなり魅力的だし、決してハズレの映画ではない。ただ男のズルサはちょっと許せないけど。映像のセンスをみるならばぜひお勧め映画です。まる


 
imagesCA01TOAY.jpg
ランキングに参加しています。
 
ポチっとよろしくお願いします↓

人気ブログランキングへ
ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)


miho_nakayama_01.jpg


sayonaraituka-07.jpg


sayonaraituka-02.jpg

 

映画の中で中山美穂もよかったが、石田ゆり子演じた光子もいい。婚約者の陰湿なところ。それをうまく演じている。役の中で石田は、トウ子に会って、写真を撮り、そして「消えてください」なんて普通に笑っていうところ、結構怖い。

タグ:中山美穂
posted by オサト at 20:28| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。