新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!

2010年11月09日

「ロレンツォのオイル」命の詩 を鑑賞して


lorenzo00.jpg


昨年からずっと観たい映画だった
しかし今年5月、病気の本人が30歳という若さで
亡くなったと聞き耳を疑った

よくなっていたんじゃないのか・・・

lorenzo02.jpg


でも聞くところによると、亡くなったのは
その病気が直接の原因ではなく肺炎という
ロレンツォの体力が低下していたとは思うが・・・

lorenzo03.jpg


ロレンツォの病気は食事療法でのオイルを
両親が研究を重ね開発した時には
すでに病気があまりにも進んでいたため
完全な回復にはならなかった
しかし、この両親が開発、発見したこの薬のおかげで
かなりの回復をみせたということ
2年で亡くなると言われたところ30歳まで
生きたのだからそれはすごいことだ

lorenzo04.jpg


5歳のロレンツォがかかった病気は
体内の脂肪酸が脳にたまる病気、ALD副腎白質ジストロフィー
不治の病とされる難病である
医者からも治療法はないと見放され
科学者からは研究材料にされる

lorenzo05.jpg


見世物のように医者達の中で講堂舞台にいるロレンツォは本当にかわいそうだった
それでも両親は病気が治ることを信じて
その時は医者を頼りにしていた
しかし、いくら望みをかけても進展しそうにない医学界に頼るという
そんな考えを改め自分達がやらないと誰がこの子を助けるんだ
と考え、両親自らの力で病気を調べそして考え、治る治療法を開発発見する

lorenzo06.jpg


映画を観て皆様にはわかると思うが
そのすさまじい努力は、きっと誰にもできなかったであろう
この映画は、自分達にふりかかった運命を受け入れ
我が子を救いたい一心で
知識がなくても自力で治療法を探し出すという
自分達で切り開いていこうとするこの姿勢に感動するのだ

lorenzo07.jpg


実話である
この両親のようにこんなに病気と取り組み前向きな姿勢が
医者達にもあるならば医学はもっと変わる・・・そんな気がしてならない
そしてこの両親のすごいところは、決して自分の子供だけを救いたいという
狭い領域の姿勢にならないところだ
自分達が調べ発見した薬だって他の人に気持ち良く分ける
決して営利にならないところが実に気持ちがいい

lorenzo08.jpg


この映画を観ていてすごく感じることがある
ほっといたら自分の子は死んでしまう
だめもとでもいいから、開発された薬は使いたいというのが
家族の心境である
それは医者にはわからないし伝わらない

まだ実験されてないとか、対象者じゃないとかすぐ
そういうことをすぐ医者は口にだす
ほっておいたら死んでしまう・・・その患者のことを考えたら
とにかくスピードが大切だということが医者は本当には理解しない

lorenzo09.jpg


試みる前向きな精神が本当は大切なんだ
薬の安全性とか確実性とかそんなことばかりは言ってられない
状況の時って必ずあるものだ
タイミングと状況を医者はいつもわきまえてほしいと思う
それは医者にはわからなない
家族が病気になった時に初めてわかるものだ
この映画の呼びかけが聞こえる・・・

医者の考え方をかえろ・・・と

ロレンツォの両親の子供の病気を治そうという強い意思
全ての機能が段々と失われていく我が子を目の当たりにして
失われていく機能を考えるよりも残された機能を生かそうという姿勢
そして、強い絆で助けあう夫婦・・・あの一途な夫婦の生き方は胸うつ

lorenzo01.jpg


この両親が開発したロレンツォのオイルは
実際に沢山のALDの患者を救ったという
ロレンツォも病気は薬ができあがった時
進行しすぎていて完全な回復にはならなかったにせよ
30歳まで生きたのである

両親は食事療法で、特定のオイル(オリーブオイルからある
脂肪酸を抜いたもの)が病気に効くと発見をする
エルカ酸とオレイン酸のトリグリセリドを1:4の割合で配合すると
いう治療法を自分達で考える・・・そしてそれを造れる人、つまり
蒸留できる化学者を世界中に問い合わせて探し抜いたところがすごい
きっと伝わる・・・思いは誰かにきっと伝わる
決してあきらめない努力
望みが見えたらつきとめ、またその先の難関を考えぬく

こういう人間が医学界に沢山存在したら医学はもっと
急速に進むであろう
せめてこの子供を思う両親にあやかるような医者がいたならば
ロレンツォは早い段階でもっとよくなったかもしれない
この両親をこれから医学界の人間達は見習ってほしいと思う

この映画の最初の紹介で歌うスワヒリ族の戦士の詩の中にあるこの言葉

”struggle” その意味は
「苦闘、闘い、努力」

この言葉はこの映画のテーマを象徴しているのだろう

lorenzo10.jpg


アフリカで無心に遊ぶ5歳のロレンツォはほんとにかわいかった
最後にはロレンツォのオイルを開発したこの奇跡のオイルの恩恵を受けて
助かった大勢の子供達が映画のラストシーンで映し出されているが
あれはとてもいいシーンだった

いろいろ考えさせられた
本当にいい映画だった

posted by オサト at 00:42| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。