新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!

2009年02月24日

「おくりびと」…アカデミー賞受賞!おめでとう!


映画 「おくりびと」

アカデミー賞を見事受賞しました


もうどの作品がアカデミー賞をとるか
本日の私は朝から気になって気になって・・・
仕事も手につかず、といっても運転中でしたが
10時半頃からそわそわそわそわ
車のナビをTVにかえては戻しとそんなことばかりやって
ひたすら発表を待ちました

okuribito03.jpg

 
そして13時過ぎかな・・・速報で発表を入手
すごいです日本
というよりこの作品


結構興奮しましたね久々に
一人で車の中でヤッター!などと声をあげてしまいました
好きなんですよねやっぱり映画は
特にアカデミー賞、またはノミネート映画とか観る事にしているし
時間がなくても映画は観る主義
映画があるから人生も楽しいと本気で思っています


一生の趣味は映画と写真の私としては
本当に嬉しい話でした

okuribito01.jpg


でも残念なことにまだワタクシ
「おくりびと」
観てないんです・・・

okuribito02.jpg


 

私としたことが・・・失敗でした〜


まだまだ劇場でもやることになりそうだとか・・・


ビデオがでるのはいつのことか・・・
でてもすぐには借りられないよな〜
早く観たいです
まあ楽しみが増えたからそれもいいかもな


ところでモッ君なかなかすごいですね
(娘や妻がモッ君と言っていたから真似しますが)

okuribito04.jpg


昔、モッ君の映画
大学の相撲部の話ですが
「シコふんじゃった」という映画観た時
モッ君は将来、いい俳優になると実は
確信したことがあるのですよ、ホントですから


彼の動作には、ユーモアがある
顔つきにも、言葉のトーンにも、そして後姿にもユーモアが見える気がする
彼にはユーモア的センスがあることは確かだと思いますよ


「シコふんじゃった」という映画は、就職も捨てて
相撲部のために確か大学に残った青年の話
そんなことがあるから、人生っておもしろいんだなあと思いました
熱い思いが湧いた時、型にはまったものなんてなぜかつまらなく思えてしまう

okuribito05.jpg


人との出会い、その映画のように相撲部との出会い、
いろいろ出会いがあるけれど、感動が目覚めた時
人はかわれるんだ・・・って思った映画でしたね
そんな役をモッ君は上手に演じていた気がします


あれから何年かたって、彼は本当にすごい俳優になったなあと思う

もちろん、山ア努さんの名俳優ぶりにはまだまだかなわないけれど
これから将来が楽しみな存在だなあと思います


それに彼には強運があって、今回も山ア努さんという名俳優がいて
守られて鍛えられて・・・そんな感じもする
もちろん努力才能いろいろあるだろうけれど


モッ君のユーモアを含んだ生き方が
「シコふんじゃった」の映画の時にもあらわれていたし
きっと今回の「おくりびと」にも
真剣さの中に、彼のセンスが表れているような気がするなあ


いい作品はいい後味がある
映画の中から、そのよさが空気感染されるようで
気分もよくなる
どんなに暗い映画でも、物語っていることを、言いたい事が伝わってきた時
なぜか顔がほころんでしまう


だから映画っていい・・・


「おくりびと」 



okuribito06.jpg
 
posted by オサト at 16:06| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。